【インタビュー 参加者】
石原:ロジスティクス課(商品管理・商品発送)/小幡:ダイレクトマーケティング課(フランチャイズ受注業務)/阿部:ダイレクトマーケティング課(ネット通販受注業務)/渡辺:CSサポート部(レンタルおしぼり・関連資材配送)

ー仕事の魅力はなんですか?

渡辺:店長やオーナー様など、お客様に直接お会いして、おしぼりを納品したり提案などできることです。電話だけの対応よりも直接お話した方が様々なことを伝えることが出来、想いも伝えやすいと思います。お客様からのお申し出も、なるべく直接お会いして解決するようにしています。
阿部:私はネット通販受注を担当しているので、日本全国のお客様とやりとりをしています。普段では出会うはずのないお客様と接点があるのが楽しいです。
小幡:私はフランチャイズ様の受注業務を行っている為、その先のお客様のことも考えて行動しています。その地域では何が人気があるのかなど、売れている商品を比較するのも仕事の魅力の一つです。
石原:ロジスティクス課では、お客様と直接やり取りをすることはないのですが、「梱包が綺麗だった」などのレビューコメントを頂いたりすると嬉しいですし、仕事の張り合いにもなります。

ーこの会社でチャレンジしたことは?

小幡:ダイレクトマーケティング課と総務部で電話応対コンテストに出場したことです。会社として電話応対を向上する取り組みをしていたところ、社長から目標があった方が頑張れるからと薦められ出場しました。初参加で優秀賞に選ばれた時にはとても感動しました。
小幡:その翌年、私は電話応対コンクールにも出場しました。大きな会場で大勢のギャラリーがいる中、電話応対の審査をするので大変緊張しました。結果は初参加で入賞でき、大変嬉しかったです。発声練習をしたり、他部署に協力してもらい模擬応対の練習をしたり、その時期集中して頑張ったのを今でも思い出します。
渡辺:CSサポート部はおしぼりの数当てトーナメントを行いました。とても盛り上がりました。元々返却されたおしぼりがケースに何枚入っているか目算で分かるようにする取り組みをしていたので良い刺激になりました。

ー部署を異動して活かされることはありますか?

石原:CSサポート部にいた時に行っていたピッキングの効率化をロジスティクス課に活かしたいと思っています。またロジスティクス課と他の部署がうまく協力体制をとれるようにと考えています。
渡辺:ロジスティクス課が変わったことでCSサポート部も協力体制をとるようになりました。
石原:良い循環が起こっていて、お互い協力しあう関係になりました。次の朝どんな作業をするか知っている為、前日に商品を取りやすいように準備するなどの工夫を行っています。今後も積極的に他部署の会議にも参加し、情報共有や協力体制を築き、仕事がしやすくなればと考えています。

一緒に働くメンバーを待っています。

FSX新卒採用 FSXキャリア採用

FSXについて